アイソトープ実験施設トップページ放射線の基礎 目次 > どのような核種をどのような用途に用いるのか?

どのような核種をどのような用途に用いるのか?


アイソトープ総合センターで用いられている代表的な核種について、性質、注意事項、アプリケーション例などを紹介します。



※「使用実験室」「1日/年間最大使用数量」は当施設の室名と限度量を表しています。

■■■■ 3H (三重水素、トリチウム) ■■■■

放射線  β線
半減期  12.33年
エネルギー  0.0186MeV
遮蔽  不要
汚染検出法  ガスフロー(フロアモニター)またはスミア法
測定法  オートラジオグラフィー(ラジオルミノグラフィー)
 液体シンチレーションカウンター
計数効率  約60%(液体シンチレーションカウンター)
使用実験室  生化学実験室、培養室、動物実験室、P2、P3
1日最大使用数量  2GBq
年間最大使用数量  40GBq

  • エネルギーが低いので、遮蔽の必要はありません。
  • エネルギーが低いので、使い方の簡単なGMサーベイメータや、退出時に使うハンドフットクロスモニタでは、汚染の検出ができません。したがって、標識物をこぼさないような細心の注意が必要です。
  • ラジオルミノグラフィーも可能ですが、トリチウム専用のイメージングプレートを使う必要があります。
  • 他の核種による標識化合物と比べて、比放射能が高く、自己分解しやすい性質があります。したがって、半減期は長いですが、化合物としての使用期間は1年程度が目安です。

アプリケーション例


このページの一番上へ戻る
■■■■ 14C (炭素14) ■■■■

放射線  β線
半減期  5730年
エネルギー  0.156MeV
遮蔽  不要
汚染検出法  ガスフロー(フロアモニター)またはスミア法
測定法  オートラジオグラフィー(ラジオルミノグラフィー)
 液体シンチレーションカウンター
計数効率  約90%(液体シンチレーションカウンター)
使用実験室  生化学実験室、培養室、動物実験室、P2、P3
1日最大使用数量  200MBq
年間最大使用数量  10GBq


  • エネルギーが低いので、遮蔽の必要はありません。
  • エネルギーが低いので、使い方の簡単なGMサーベイメータや、退出時に使うハンドフットクロスモニタでは、汚染の検出ができません。したがって、標識物をこぼさないような細心の注意が必要です。
  • ラジオルミノグラフィーも可能ですが、トリチウム用のイメージングプレートを使う必要があります。
  • 半減期はきわめて長く、自己分解もさほど大きくありません。使用期間は、化合物自体の安定性によります。

アプリケーション例


このページの一番上へ戻る
■■■■ 32P (リン32) ■■■■

放射線  β線
半減期  14.26日
エネルギー  1.711MeV
最大飛翔  720cm(空気中)
遮蔽  必要。1cm厚以上のプラスチック。
 鉛等の金属は適さない。
汚染検出法  GMサーベイメータ
測定法  オートラジオグラフィー(ラジオルミノグラフィー)
 液体シンチレーションカウンター
計数効率  95%以上(液体シンチレーションカウンター)
 約50%(チェレンコフ測定)
使用実験室  分子生物実験室(1)及び(2)、培養室(1)、
 動物実験室
1日最大使用数量  400MBq
年間最大使用数量  30GBq


  • 生化学分野の研究に使用されている放射性核種の中では、最もエネルギーの高いβ線を放出します。
    そのため、しっかり遮蔽し、たとえ数10KBqでも飛散させてしまったときは、出来るだけ早く処理してください。
  • 高エネルギーβ線と金属原子が衝突すると、制動放射線(X線)が発生するため、金属を遮蔽に用いることはできません。
  • GMサーベイメータで容易に汚染を検出することができます。作業前後の汚染検査を忘れずに!
  • 無機リンによる細胞の標識など、多量の32Pを用いる際は、事前に必ず管理室に申し出てください。
  • エネルギーが高いため、シンチレーションカクテルを用いずに、放射活性を測定(チェレンコフ測定)することができます。
    アイソトープ総合センターの液体シンチレーションカウンターでは、設定番号「7」がチェレンコフ測定です。
  • 半減期が短いですので、しっかりと使用計画を立てた上で、発注しましょう。[α-32P]-dCTPや[γ-32P]-ATPなど、よく用いられる化合物の場合、午後2時までに発注すると翌朝には納品されます。

アプリケーション例






このページの一番上へ戻る
■■■■ 35S (イオウ35) ■■■■

放射線  β線
半減期  87.51日
エネルギー  0.167MeV
遮蔽  不要
汚染検出法  ガスフロー(フロアモニター)
 スミア法
測定法  オートラジオグラフィー(ラジオルミノグラフィー)
 液体シンチレーションカウンター
計数効率  約90%(液体シンチレーションカウンター)
使用実験室  生化学実験室、培養室
 動物実験室、P2、P3
1日最大使用数量  200MBq
年間最大使用数量  40GBq


  • エネルギーが低いので、遮蔽の必要はありません。
  • エネルギーが低いので、使い方の簡単なGMサーベイメータや、退出時に使うハンドフットクロスモニタでは、汚染の検出ができません。したがって、標識物をこぼさないような細心の注意が必要です。
  • ラジオルミノグラフィーも可能ですが、トリチウム用のイメージングプレートを使う必要があります。
  • 標識アミノ酸は、-20°以上の温度での保存、および凍結融解の繰り返しにより自己分解が速まります。1回で使用してしまわない場合は、小分けして-80°で保存してください。
  • 標識ヌクレオチドも、-80°保存が好ましいと考えられます。しかし-20°においても、3ヶ月以内であれば、nick translationとsequence反応における性能低下は起こらないようです。

アプリケーション例






このページの一番上へ戻る
■■■■ 125I (ヨウ素125) ■■■■

放射線  γ線(電子捕集)
半減期  59.41日
エネルギー  35.5keV(6.7%)、27.5keV(Te KX-rays)
遮蔽  必要。
 0.25mm以上の鉛。専用遮蔽板あり。
汚染検出法  125I専用サーベイメータ
測定法  オートラジオグラフィー(ラジオルミノグラフィー)
 ガンマカウンター
使用実験室  高レベル実験室、P2、P3、動物実験室
1日最大使用数量  100MBq
年間最大使用数量  10GBq


  • 透過力の高いγ線放出核種です。必ず専用の遮蔽板を用いてください。
  • 4Fフロアで作業してください。また標識化合物を分注、配分する際にも、2階の配分室ではなく、4階高レベル実験室のドラフトを使用してください。
  • NaI水溶液などでイオン化しているヨウ素には揮発性があります。
    さらに標識化合物を酸性にしたり、冷凍保存しても、揮発性のヨウ素に変化します。
    例えば、放射能濃度が高い[125I]-NaI溶液を不用意に開封すると、〜74Bqもの微滴が空気中に飛散します。
    飛散したヨウ素は速やかに甲状腺に摂取され、低レベルの[125I]でも甲状腺に大きな被ばく線量を与えます。
    したがってこのような標識化合物の入ったバイアルは、必ずドラフト内で開封してください。
  • ヨウ素による標識反応を行なうなど、放射性ヨウ素を1日最大使用数量の1/3以上([125-I]は33MBq、[131-I]は10MBq以上)用いる場合は、下記のような制限を設けていますので遵守してください。
    • 作業届記載時に管理室(担当:高尾)に申し出、使用許可を得る。
    • 作業は原則として時間内(9時〜17時)に行なう。やむを得ず時間外に行なう場合は、理由書を管理室に提出する(書式は管理室で準備する)。
    • 高レベル実験室の125Iガスモニタのフィルター交換を下記のように行なう。
      1. プレフィルター
        毎週末(金曜)に管理室職員が交換する。
      2. チャコールフィルター
        月〜金の間は朝に管理室職員が交換する。土日および休日は利用者が利用時に交換する。
      3. フィルター交換時は、チェックリストにその旨を記録する。

アプリケーション例



このページの一番上へ戻る


このページの一番上へ戻る
「放射線の基礎」目次へ戻る

last update:2012/6/12