アイソトープ実験施設トップページ放射線の基礎 目次 > どのようにして実験データが得られるのか?

どのようにして実験データが得られるのか?


放射活性の測定

最終的に得られた試料中の放射活性を定量するには、β線放出核種の場合には液体シンチレーションカウンターを、 γ線放出核種の場合にはガンマカウンターを一般的に使います。 いずれも放射線の蛍光作用を利用したものです。


液体シンチレーションカウンターでは、専用のバイアル中に放射性試料を移し、 これをシンチレーションカクテルとよく混和した後、カウンターにセットします。 試料は液体でも、またメンブレン・フィルターのような薄い固体でも測定できます。


ガンマカウンターでは、専用のバイアル中に放射性試料を入れ、そのままカウンターにセットしてください。


32Pの場合にはエネルギーが高いため、シンチレーションカクテルを用いずに直接放射活性を測定 (チェレンコフ測定)することができます。 アイソトープ総合センターの液体シンチレーションカウンターでは、設定番号「7」がチェレンコフ測定です。


測定後の廃液は、放射性有機廃液として処理してください。



計数率

液体シンチレーションカウンターやガンマカウンターで得られる測定値は、計数率(cpmまたはcps)として表示されます。 この計数率を計数効率(e)で割ることにより、絶対的な放射能の単位に変換することができます。


  • cps x 100/e = dps = Bq
  • cpm x 100/e = dpm

計数効率は、核種の放出するエネルギー、測定器の性能、クエンチング(消光作用)の程度により異なります。 各核種における計数効率は一般には下図のようになります。



放射活性の可視化

組織標本中の標識化合物の局在や、電気泳動ゲル中の標識化合物のバンドの位置は、 放射活性を可視化することにより知ることができます。


放射活性を可視化するには、その写真作用を利用して、乳剤やX線フィルムを感光させ、 現像後観察するという方法が長い間使われてきました。 この方法では分解能の高い像を得ることができますが、感光に時間のかかること、 暗室操作が必要であること、そのままでは定量化できないことなどの欠点もあります。


最近、ラジオルミノグラフィという手法が急速に広まっています。 これは再使用可能なイメージングプレート(IP)と放射性試料を密着させ、放射線エネルギーを保持させた後、 そのエネルギーに依存してレーザー走査により生ずる蛍光を検出するものです。 こうした機器により、データは画像ファイルとして得られ、機器に組み込まれたアプリケーションソフトにより、 定量化など画像解析に供することができます。 また出力は、ピクトログラフィにプリントすることもできますし、PICTなどの汎用フォーマットにEXPORTして、 各研究室のレタッチソフトで解析することもできます。


X線フィルムを使う方法と、イメージングプレートを使う方法のその他の点の比較は下記の通りです。


X線フィルム イメージングプレート
感度 低い 高い(X線フィルムの100倍)
分解能 高い 低い
定量性(定量範囲) 低い(103 高い(105
暗室捜査 必要 不要
感光時間 長い(2日〜) 短い(2時間〜)
再使用 不可能 可能

なお、3Hなど放出エネルギーの低い核種を用いる場合には、専用のIPを使う必要があります。


 

このページの一番上へ戻る
「放射線の基礎」目次へ戻る

last update:2013/9/9