アイソトープ実験施設

社会貢献

アイソトープ実験施設では社会に向けて次のような活動を行っています。

1.初心者講習会の公開

年4回開催している初心者講習会を学外者の方も受講することができます。
この講習会は、放射線障害防止法第22条及び同施行規則第21条の2に規定する「初めて管理区域に立ち入る前に行なう教育訓練」に該当します。
教育及び訓練の内容及び時間数を記した受講証明書を発行します。
受講者が複数名にわたる場合には、日時調整のうえ臨時に開催することもあります。
受講料は12,000円(テキスト込み)です。

2.授業・研修・講演会への講師派遣

アイソトープ施設職員が学外に出向いて放射線や紫外線に関わる話題を提供します。
身の回りにある放射線の測定や、各種放射線関連機器、放射線施設、ホールボディカウンタなどの見学をご希望の場合には、アイソトープ実験施設で受け入れることも可能です。

【キーワード】

  • ・放射線の基礎
  • ・放射線の健康影響
  • ・放射線の利用
  • ・放射線の安全防護
  • ・放射線の測定
  • ・東京電力福島第一原子力発電所事故によるわたしたちの健康リスク
  • ・紫外線の基礎
  • ・紫外線とわたしたちの健康
  • ・紫外線の防御
  • ・実施例
  • ・雲仙市学校保健会研修大会「放射線の基礎と健康リスク評価」
  • ・放射線等に関する教育職員セミナー(福岡県教育センター)
  • ・長崎県福祉保健部・こども政策局初任者研修会「放射線の基礎知識」
  • ・長崎県研究者等訪問授業(対馬市立美津島北部小学校)「太陽紫外線とわたしたちの健康」

3.平成の鳴滝塾 ~ナガサキでしか受けられない放射線の授業~

長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)の事業の一つとして出前授業を開講しています。

【実施例】

  • ・長崎市青少年ピースボランティア「放射線をサイエンスする -正しく知ろう放射線-」
  • ・長崎市立福田中学校「身近な放射線の話、放射線とわたしたちの健康」
  • ・長崎市立滑石小学校「放射線・紫外線とわたしたちの健康」

実施内容の詳細は長崎・ヒバクシャ医療国際協力会ホームページをご覧ください。

4.各種相談、Q&A

東京電力福島第一原子力発電所事故以来、放射線影響の基礎知識や、放射線の測定、防護のような実践的な技術についての一般の方々からのご相談を随時お受けしています。

お問い合わせはアイソトープ実験施設管理室まで

電話:095-819-7150

メール:nuric@nagasaki-u.ac.jp