長崎大学 先導生命科学研究支援センター

アイソトープ実験施設機器予約について

アイソトープ実験施設では、以下の3つの大型機器について使用予約制としています。

1.ゲルマニウム半導体検出器

ガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析のための測定器。測定範囲3keV〜10MeV、分解能1.85keV(at 1.33MeV)、相対効率30%(at 1.33Mev)。


2.小動物用PET/SPECT/CT

PET、SPECT、CTのトリモダリティによるマウス、ラットの撮像、解析が可能。心電図、呼吸同期にも対応。BSL3レベルの感染モデル動物のイメージングも国内で唯一可能としている。


3.ガンマ線照射装置

Cs-137 148TBqを装着した自己遮へい型ガンマ線照射装置。細胞、小動物の照射が可能。

 

機器使用について

いずれの機器も、使用のための要件として長崎大学放射線業務従事者登録、アイソトープ実験施設利用者申請(年度更新)、及びアイソトープ実験施設研究課題届(年度更新)が必要です。 手続きの詳細は、
こちらをご覧ください。

予約は機器ごとにクラウドサービスによる予約サイトを設けて行っています。アイソトープ実験施設利用者の方で、新たにこれらの機器の使用を希望される場合は、予約サイトに登録しますので次の機器担当者までご連絡をお願いします。

ゲルマニウム半導体検出器 松田尚樹 nuric@nagasaki-u.ac.jp
小動物PET/SPCT/CT 西 弘大 koudai@nagasaki-u.ac.jp
ガンマ線照射装置 山内基弘 motoyama@nagasaki-u.ac.jp
 

↑ PAGE TOP