長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第104回グローバルCOEセミナー
 
第104回グローバルCOEセミナー

東日本大震災・原発事故と心のケア

丹羽 真一先生
福島県立医科大学医学部 神経精神医学講座 教授

1 福島医大こころのケアチーム
 大震災・原発事故の後、福島医大こころのケアチームは、避難所の巡回と支援者のケア、保健所での個別相談、 入院ケースへの対応、在宅支援などの事業を行ってきた。 放射能汚染への不安を抱く親への対応も課題となった。
2 こころのケア ― その課題と方向性
 今後のこころのケアには次のような課題がある。 1)精神疾患患者の治療の継続と維持、2)震災・原発事故のために新たに発生するPTSDやアルコール依存などへの早期介入、3)高齢者の認知機能低下の抑止、4)自殺の抑止、5)医療・福祉スタッフのメンタルケア力の向上、などである。 長期にわたり活動する全県的な心のケアセンターの設置、こどもの心のケアチームの設置を県と相談しながら進めようとしているところである。

 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ