長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第15回グローバルCOEセミナー
 
第15回グローバルCOEセミナー

エイズ患者さんと共に生きる

Thile Kerkovius氏
ドイツ エイズホスピス・ハウスマリアフリーデン施設長


臨床パストラルケア教育研修センター理事長のWaldemar Kippes先生のご紹介で、Kerkovius氏から特にエイズの心理カウンセラー専門家の話を直接拝聴する予定です。複雑に変化するエイズの病像は十分に理解されていないため、患者さんへのケアでは柔軟に対応する必要があります。こうした現象はケア・ギバーにも内面的な健康、すなわち精神的安定と平常心、そして何よりも相手の立場を重んじる負担を背負いながら如何に有意義な心理療法を行えるかが問われています。ホスピス・ケアは治療・看護や介護の新しいテクニックによるアプローチを重視するだけではなく、患者さんに「わたしたち医療チームはあなたを放っておくことも、あなたを見放すこともしません。あなたは最後の瞬間までケアを受ける価値のある者です」と約束することが大切です。そのような事例を中心にケアをする人たちのためのcompassionate companionについて、大切なお話をされます。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ