長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第21回グローバルCOEセミナー
 
第21回グローバルCOEセミナー

スピリチュアルな痛みのコントロール
−コントロール 対 解放−


ウァルデマール・キッペス氏
臨床パストラルケア教育研修センター所長



1990年に発行されたWHOの「がんの痛みからの解放とパリアティブ・ケア」から、「痛みのコントロール」の用語は医療界から一般社会に広がっていった。がんと同様に痛みのコントロールは身体的な事柄だけではなく、知的、社会的、心的および心と魂の(スピリチュアルな)痛みも含まれている。身体的や知的の痛みは医療、社会的痛みは家族やMSW,心的な痛みは心理士、心と魂の(スピリチュアルな)痛みはスピリチュアルケア・ギバーの領域に入ってくる。個々の痛みの種類によってはケアの方法と担当者が異なり、コントロールそのものの把握も変わってくる。身体的痛みの原因(例、がん、白血病、エイズ)に対処できなくなったときには、その痛みのコントロールが中心課題となる。だが、知的、社会的、心的や心と魂の(スピリチュアルな)痛みはコントロールよりもその原因からの解放が可能である。それによって患者の最期をセデーションによる昏睡に近い状態ではなく、意識がありつつも、内面的な安らぎの中で旅立つことが可能になりうる。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ