長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第25回グローバルCOEセミナー
 
第25回グローバルCOEセミナー

英語論文作成や国際学会発表の仕方について


ウィリアム ラナーツ教授
米国 ストーニブルック大学



 W. Lennarz先生は、Biochem. Biophys. Res. Commun.のChief Editorとしてご活躍であり、研究者としては糖タンパク質の品質管理機構の研究や、糖鎖とくにシアル酸の炎症における意義や、受精卵の接着機構の研究で著明な業績をあげられており、米国のAcademy of Science会員でもあります。
このたび、ヒューマンサイエンス振興財団の「外国人研究者招聘」で短期間来日される折に、本学を訪問してくださることになりました。研究打ち合わせの間に、若い研究者に向けて、英語論文作成の際に必要な注意点や、国際学会発表の際の心得を易しくご指導くださる予定です。よい機会ですので、これから論文の準備や、学会で発表をされる予定の方々のご出席をお願い申し上げます。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ