長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第32回グローバルCOEセミナー
 
第32回グローバルCOEセミナー

病院と地域の連携における看護職の役割
― 在宅ケアの質を高める看護連携のあり方 ―


エリザベス・マディガン博士
ケースウエスタンリザーブ大学看護学部准教授
国際プログラム副部長・在宅看護に関するWHO看護協力センター長



 マディガン博士から「病院と地域の連携における看護職の役割―在宅ケアの質を高める看護連携のあり方」についての講演を頂き、その後質疑応答を交えながら、「在宅ケアの地域連携―現状と課題」について討議することで問題点や課題を浮き彫りにし、解決するにはどのように医療者が役割を果たすべきなのかを考える。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ