長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第35回グローバルCOEセミナー
 

第35回グローバルCOEセミナー


長崎市被爆未指定地域住民における
原爆体験に起因する精神状態についての調査報告


堤 敦朗先生
(財)先端医療振興財団



日本における放射能関連災害は、原爆、東海村の臨界事故、中越沖地震における柏崎刈羽原発トラブルなどがある。災害に関連する保健医療の問題は、身体的な側面のみならず精神保健にも注目が集まりつつある。その点を鑑み、日本政府は2001年に長崎県・長崎市の原爆体験者を対照に精神保健の調査を行い、その結果を参考に行政支援の変更を行った。本セミナーでは、世界の精神保健の状況を提示しながら、その研究について発表する。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ