長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第37回グローバルCOEセミナー
 

第37回グローバルCOEセミナー


精神保健『自殺とうつ病』


今村芳博先生
大村共立病院(グローバルCOE原爆医療研究プロジェクト客員研究員)



長崎県・長崎市の原爆体験者を対照に、精神保健の調査が行われ、現在その結果を参考に行政支援の変更が行われております。その経緯と精神保健のグローバルな考え方を前回のセミナーで堤先生にお話し頂きました。今回は、身近な問題である『自殺者の予防』という視点から、高齢化社会のみならず、毎年3万人を超す自殺者に対する足もとを見つめ直し、日常できること、あるいは注意しなければならないことを、客員研究員である精神科今村芳博先生に講演頂きます。世界の精神保健の状況に引き続き、長崎の地をテーマにした精神保健の実質化に向けた講演会です。大学院生のみならず病院関係者含め多くの方々の参加を希望します。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ