長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第45回グローバルCOEセミナー
 

第45回グローバルCOEセミナー


国際原子力委員会IAEAの現状と展望


谷口富裕先生
IAEA事務次長


 2005年ノーベル平和賞を受賞したIAEAは核の番人としての役割を担い、核管理問題と同じように放射線の安全防護全般に重要な役割を果たしています。放射線健康リスク制御のGCOEプロジェクト推進の中でも、重要な関係となる国連機関の一つがIAEAです。
 すでに本学はWHOとの連携強化が順調に展開されていますが、今後放射線の利用促進とその安全防護に関する具体的な国際活動の展開が必要です。原子力防災や緊急被ばく医療の視点からIAEAの取組みを総合的に紹介いただきます。
 特に、原子力の放射線をめぐる世界の動き、世界の原子力安全とセクリティを支える国際レジーム、IAEAの活動と高まる世界の期待などをご紹介頂き、さらに日本、九州そして長崎に対する期待とともに今後の展望についてご講演頂きます。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ