長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第49回グローバルCOEセミナー
 
第49回グローバルCOEセミナー

放射線生物学の新展開と田矢洋一版『沸騰都市シンガポール』


田矢 洋一 先生
シンガポール国立大学教授


本学の客員教授である田矢先生による第二弾の講演会です。周知のようにp53は分子量が5万3千の蛋白質でヒトの癌の約50%で変異による失活が見られ、発癌のメカニズムを解明する上でも、新しい癌治療法を開発する上でも、最も重要な蛋白質です。p53は細胞のDNAがダメージを受けた時に細胞の増殖を停止させたり、あるいはアポトーシスという細胞の自殺を誘導したりとさまざまな働きをします。このp53上に約13ヶ所存在するリン酸化部位をそれぞれ別々に認識する抗体をほぼすべて作製し、これらのリン酸化部位のうちの特定の部位のリン酸化がDNAダメージなどによる特定のリン酸化酵素の活性化によって誘導され、p53のさまざまな生理機能の発揮を制御していることを明らかにしています。現職にありなお精力的に研究を主導するその成果をシンガポールの素晴らしさと一緒に紹介して頂きます。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ