長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第67回グローバルCOEセミナー
 
第67回グローバルCOEセミナー

アマゾンに夢を託して


長坂 優先生
アマゾニア森林保護植林協会会長


 長坂氏は1965年東京農大を卒業と同時にアマゾンに移住。
開拓一筋の人生でマラリアや貧困と闘い、さらに裸一貫で現地の信頼を勝ち得た俗に言う成功者の一人です。
 しかし、その人生は壮絶であり大自然との長年の格闘から生きた言葉で講演をして頂きます。なぜ今となり日本へ何度も里帰りし、森林伐採の開拓民からアマゾニア森林保護植林会長として自然再生活動に奉仕しているのかを熱く語ってもらいます。1986年4月26日人類史上最悪のチェルノブイリ原発事故が起きました。真実が明らかになったのは1991年5月以降です。それから20年近く長崎大学チームは酷寒の核汚染の大地を歩いていますが、同じ頃熱帯雨林で自然破壊と共に戦った同志が地球の反対側にいました。
 本人曰く『アマゾンの百姓』ですが、国際社会での共存と共栄を模索する健康開発の生きたお手本であり、人間そのものを再生させることに情熱を燃やしておられます。
 昼休みの講演ですが、ちょっといい話を聞きに来て下さい。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ