長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第73回グローバルCOEセミナー
 
第73回グローバルCOEセミナー

カザフスタンの核兵器廃棄による世界平和への貢献及び
国際社会における活動など


クルマンセイト・バトルハン先生
在日カザフスタン大使館 一等書記官

 バン・キムン国連事務総長の来日は、広島・長崎の原爆被災を原点として、二度と人類の上に核兵器を使用してはならないという世界平和のメッセージを強化しています。長崎大学は1995年以降、カザフスタンのセミパラチンスク核実験場周辺の地域医療改善に参画し、2000年から5年間JICAプロジェクトを主導しています。
 今回、国連が決議した核実験反対の世界の日「8月29日」は、カザフスタンの提案によるものです。
 カザフスタンは、1991年8月29日にセミパラチンスク核実験場を完全に廃止し、世界第4番目の規模のミサイル・核兵器を自発的に廃絶しました。現在カザフスタンは核不拡散分野において日本をはじめ、国際社会と幅広く協力しています。その活動の一端を紹介し、同時にカザフスタンとの共同プロジェクトの可能性を多角的、多面的に協議します。将来交流を目指す人の参加を期待します。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ