長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第78回グローバルCOEセミナー
 
第78回グローバルCOEセミナー

ユビキチン化によるDNA損傷応答の統合制御


サイモン・ベッカー・ジェンセン先生
コペンハーゲン大学健康科学部Novo Nordisk財団蛋白質研究センター

 DNA損傷は、細胞内代謝や環境中の毒性物質への曝露によって生成し、もし修復されなかった場合には、生命にとって重大な脅威となりうる。このため、細胞には総合的なシグナルネットワークが存在し、副次的なDNA損傷を感知し、統合的な細胞応答を制御する。この結果、細胞の増殖を停止したり、DNA損傷修復を活性化することによって、ゲノムに変異が蓄積することを防いでいる。我々は、この反応にユビキチン化が極めて重要な働きをしていることを見いだした。本セミナーでは、DNA損傷応答におけるユビキチン化の関与、およびその役割について議論する。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ