長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第81回グローバルCOEセミナー
 
第81回グローバルCOEセミナー

転写制御因子NAC1の時空間的制御とがん治療への応用を目指して

浦野 健 先生
島根大学医学部病態生化学教授

 NAC1は核内に局在し、他の転写制御因子と結合して転写制御することが知られている。また、多くの悪性腫瘍において過剰発現が認められている。さらに抗癌剤に耐性を示し極めて予後不良な腫瘍のひとつである再発卵巣癌の予後はNAC1の発現量と強い相関があることを明らかになり、がん治療の標的分子と考えられる。最近ES細胞において、Nanogとの結合を介してES細胞の増殖および多分化能維持に重要な役割を果たしていることが報告された。
 NAC1にはN末端にBTB領域、そしてC末端にBEN領域が存在する。BTB領域は、BCL6、PLZF、HIC1をはじめとする多くの転写制御因子に存在し、この領域を介してダイマー形成することが知られている。したがって、NAC1のダイマー形成もまたタンパク質の機能すなわち転写制御能に必須な役割を果たしている可能性が高い。一方、C末端に存在するBEN領域は、コンピューターサーチにより相同性を有する領域として2008年に見出され、タンパク質あるいはDNAと結合する可能性が示唆されている。
 転写制御因子NAC1に存在するこれらの機能ドメインの役割を明らかにし、モノクローナル抗体作成、2分子FRET、FRAPおよびFLIP解析などの手法を用いて細胞内動態を解析した。NAC1を標的とした新規抗がん剤開発を目指している現状をお伝えし、議論できればと考えている。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ