長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第86回グローバルCOEセミナー
 
第86回グローバルCOEセミナー

放射線に関する社会問題:司法の立場から(原爆被爆者訴訟)

迫 光夫 先生
迫光夫法律事務所

 放射線のリスクコミュニケーションには科学的側面に加えて、行政的側面、それに司法の側面が関与してきます。それを端的に表しているのが原爆症の認定をめぐる一連の訴訟と言えるでしょう。

 今回、これまであまり取り上げてこなかった司法サイドから見た放射線被ばくの問題について、専門家をお呼びすることになりました。迫光男先生は、弁護士としてこれまで原爆症認定に関する訴訟に直接かかわってこられました。今回のセミナーでは、これまでの訴訟の経緯と結果(判決、勧告)の根拠となる判断材料について、司法の立場からお話ししていただきます。貴重な機会ですので、ぜひ御参加下さい。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ