長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第87回グローバルCOEセミナー
 
第87回グローバルCOEセミナー

地球環境ガバナンスへの国連システムの取組

猪又 忠徳 先生
国際連合諸機構合同監査団 独立監査官

 国連組織の不正に目を光らせる独立監査官の猪又忠徳氏は、平成20年5月第108回日本外科学会学術集会の国際シンポジウム『世界のテロ・大災害の経験に学ぶ』の講演者として来崎され、その折に国連の内状を本セミナーで紹介頂きました。今回は、国際環境ガバナンスの枠組みについて、『環境および持続可能開発への総体的取り組みを欠いており、このため制度的な断片化と特化によって弱体』であることを鋭く指摘され、国連システム諸機関間の作業の重複と断片化の原因を探り、その原因として『持続可能開発と環境保護の混同、ならびにそれを克服する単一の戦略的な計画枠組みがないこと』について述べられます。世界がどのようにして新たな地球環境機構の構築を模索しているのかについてご講演予定です。
 外務省一筋のご経歴ですが、一時期神戸大学教授として大学教育にも携われ、その後コスタリカ大使を歴任され現在ジュネーブに在住です。国連本部や諸機関の効率向上のための査察、評価、提言などを行う独立監察官のお一人で、唯一の日本代表者です。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ