長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第9回グローバルCOEセミナー
 
第9回グローバルCOEセミナー

JCO事故と原子力の社会的受容

岡本浩一教授
東洋英和女学院大学


 現在、原子力発電所の新規着工予定はない。新聞などでは、今後の見通しも真っ暗であり、そのおおもとがJCO事故をはじめとする不祥事に起因するとの言説が吟味なしに行われている。著者らは、JCO事故後半年以内に、原子力世論の大規模調査を行った。それによると、そのような言説は間違っていることが示唆される。この調査では、事故のあった東海村、そのほかの原発立地地域、政令指定都市(電力消費地)に分けてウエイトを変えたサンプリングを行ったが、原発立地地域と消費地では、原子力世論の相関構造が異なっていること、そして、JCO事故の世論への影響と考えられるようなものは、立地地域では認められにくかったことがわかった。講演では、そのデータの概要を解説するほか、リスク認知、リスクの社会的受容の一般的な知見と関連づけ、社会心理学的変数としての原子力世論の構造、および、今後の社会的受容のために必要な社会学的条件などについて私論を述べる。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ