長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第115回グローバルCOEセミナー
 
第115回グローバルCOEセミナー

見過ごされている熱帯感染症の病態

大石 和徳 先生
長崎大学客員教授、大阪大学特任教授

 デングは熱帯・亜熱帯地域において問題となる蚊媒介性ウイルス感染症であり、その臨床像の特徴は一過性の血小板減少症である。我々はこれまでに、本症患者の末梢血血小板がアポトーシスに陥り、マクロファージのフォスファチジルセリン認識機構を介して貪食クリアランスされることを明らかにした。この臨床的意義について考察する。一方、我々は北タイにおける人獣共通感染菌であるブタレンサ球菌による侵襲性感染症の疫学研究を展開中であり、本症の住民あたりの罹患率や感染様式を明らかにしている。これらの見過ごされている熱帯感染症の病態について議論する。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ