長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第68回グローバルCOEセミナー
 
第68回グローバルCOEセミナー

血液幹細胞の発生


西川 伸一 先生
理化学研究所 専任 幹細胞研究グループ グループディレクター兼 副センター長


 造血系の発生については、最初の発生場所を巡っての論争が続いてきたものの、ではどのような運命決定プロセスが最終運命決定に必要か、或いはどのように他の細胞系列から分離してくるのかなどについて、ほとんど理解が進んでいない。今回のセミナーでは、この問題について私たちがこの10年に進めてきた研究結果を紹介する。私たちは、中胚葉から造血幹細胞までの分化過程に存在する3分岐ポイントを明らかにし、ほぼプロセスを定義することはできたと考えている。次は、当然各分岐点で運命決定を担う分子メカニズムの解明であり、このために我々が進めている研究についても紹介したい。
 本セミナーでは、私たち本来の研究を紹介するとともに、今回長崎訪問の最も重要な理由である、MDS細胞のメチローム解析についても少し紹介したいと考えている。
 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ