長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動セミナー>第79回グローバルCOEセミナー
 
第79回グローバルCOEセミナー

今、原子力に必要なコミュニケーションとは?
−コミュニケーションを超えて、その先にあるもの−

八木 絵香 先生
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授

 八木絵香特任准教授は、科学技術社会論を専門とされている現在ご活躍の先生です。このたび、上記の演題で以下のような内容のお話をしていただきます。

 本講演では、原子力問題に関して異なる立場、異なる意見を持つ人同士の対話について2つの事例を紹介する。1つは、専門家と原子力立地地域住民(非専門家)が対話する「対話フォーラム」、もう1つは原子力問題について異なる見解をもつ専門家同士が公の場で議論する「オープンフォーラム」である。
 これらの事例紹介を通じて、特に原子力問題について異なる立場・異なる意見を持つ人同士が、対話により信頼関係を築くことは可能か、またそのためには対話の場をどのようにデザインすることが必要かについて検討を加える。その上で、この種の対話の試みの可能性と課題について示したい。

参考文献:八木絵香「対話の場をデザインする―科学技術と社会のあいだをつなぐということ―」大阪大学出版会,2009

 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ